キレイに日焼けする方法

 

小麦色に日焼けした肌になって水着を着こなしたいと、誰もが一度は思うはず。しかし、ただ砂浜に寝そべって肌を焼くだけでは、赤くなってヒリヒリするだけ。無残な状態になってしまいます。

 

水着が似合う小麦色の肌になるための日焼けの方法や炎症を起こした肌の対処法について紹介します。

 

日焼けのメカニズム

 

日焼けをする前に、まず、日焼けのメカニズムを抑えておきましょう。日焼けは、紫外線を浴びることで起きます。

 

紫外線から肌を守るため、メラノサイトという細胞が働き、「メラニン色素」を作ります。メラニン色素は、紫外線の肌への浸透を防ぎます。

 

このメラニン色素の生成が日焼けのメカニズムです。

 

しかし、紫外線を浴び続ければ、細胞の破壊やDNAの損傷が起こります。紫外線は、人間に必要でありつつも害も与えます。

 

日焼けには2種類ある

サンタンニング

 

 

サンタンニングとは、短時間の日光浴を繰り返し、ゆっくり肌を焼いていく日焼け方法です。

 

ゆっくり時間をかけて焼いていくため、肌にひどい炎症を起こすことなく、小麦色のキレイな肌になることができます。紫外線のA波による影響が強く、「肌に良い日焼け」と言われています。

 

といっても、サンタンニングは肌にノーダメージではありません。

 

肌へのダメージを減らすためにも、サンオイルを使用したり、肌を焼いた後は冷却ケアを必ず行いましょう。

 

サンバーン

 

 

サンバーンとは、長時間肌を焼き続けたり、太陽がギラギラと日差しが強い日に日焼けをしようとしたときに起こる日焼けです。紫外線のB波の影響で起こります。

 

肌が炎症を起こし、ヒリヒリと痛みます。その後、皮がむけてきます。これでは、痛い思いをするだけで、キレイな小麦色の肌になることはできません。

 

サンバーンを起こさないためには、ゆっくり時間をかけて肌を焼いていくことです。

 

サンタンニング、サンバーンのいずれも、肌にダメージを与えます。肌を若々しくキレイに保ちたいなら、日焼けはすべきではありません。

 

日焼けの肌へのダメージをできるだけ抑えるには

 

日焼けは少しずつ始める

 

短時間集中の日焼けは危険。日焼けは、ゆっくり時間を掛けましょう。まず、数分から始め、少しずつ太陽に当たる時間を延長していきます。最長でも3時間までにしましょう。

 

肌の状態が落ち着いてから、次の日焼けを行いましょう。

 

時間帯を選んで日焼けする

 

紫外線が強いのは、10~14時。この時間帯での日焼けはやめておいた方が無難です。肌は、紫外線が弱まる時間を狙ってゆっくり焼きましょう。

 

サンオイルを使う

 

サンオイルには、日焼けによる炎症を防ぐ効果があります。肌の保湿をした後、サンオイルを塗って日光に当たりましょう。サンオイルで有名なのは、コパトーンです。詳しくは、大正製薬の公式HPをチェックしてみて下さい。

 

日焼け後は、肌をやさしく石鹸で洗ったあと、再度保湿ケアをします。そして、肌をしっかり冷却します。

 

保冷剤や水で濡らしたタオルで冷やしたり、水のシャワーを浴びるなどして肌を冷やしましょう。冷やした濡れタオルを当てたり、保冷剤などを使って冷やしましょう。

 

肌に水ぶくれができたり、痛みが強い場合は、皮膚科に行った方が無難です。

 

まとめ

 

キレイに肌を焼くには、サンオイルを使ってゆっくり行うことが大切です。日焼けは肌にダメージを与えることを忘れず、保湿・冷却ケアも忘れずに行いましょう。

メニュー