海での日焼け止めの正しい塗り方

 

日に日に暑さも増し、もうすぐ夏到来!! 夏といえば、まず頭に浮かぶのは、「海」ですよね。海に行くことを考えると、ワクワクします。

 

朝から分厚く日焼け止めを何層にも塗り、バッチリメイクで海へゴー!

 

でも、海は照り返しが厳しく、水や汗で日焼け止めが流れやすいです。帰宅後、メイクを落として鏡を見ると、肌が赤くなり、皮がむけているなんてことも!

 

そんなことにならないように、海での日焼け止めの正しい塗り方についてご紹介します。

 

紫外線にはA波とB波がある

 

紫外線のA波とB波が日焼けの要因です。

 

A波

 

A波は、シワ、たるみなどの肌の老化を招きます。皮膚の奥にある真皮層にダメージを与えます。A波は、雲やガラスも貫通します。

 

日焼けの後、肌が黒くなるのはA波が原因です。皮膚のメラニンを増やします。

 

B波

 

B波は、表皮に強いダメージを与えます。肌に炎症を起こした後、メラニンを増やし、シミ・そばかすを作ります。

 

発がん性は、A波、B波のどちらにもあります。

 

体内のビタミンD合成に良いのは、15分ほどの日光浴。それ以上は、肌の老化を促進します。

 

日焼けをしないためには

 

 

日焼け止めを塗っても、残念ながら完全に紫外線をカットするのは困難です。

 

対策方法のひとつとしては、UVカット加工の服を着ること。「UPF」との表示がある服を着ましょう。「UPF」の横に描いてある数字が大きいほど、紫外線をカットする効果があります。UPF50の衣類は、紫外線を98%カットできるそうです。

 

頭皮や目には、帽子やサングラスが効果的です。目に入った紫外線は、白内障や顔のシミの原因にもなると考えられています。

 

そして、効果的なのは日焼け止め。

 

日焼け止めには、ジェル・ミルクタイプ、クリーム、スティック、スプレーの他、飲むタイプもあります。

 

飲むタイプを除き、日焼け止めには、「SPF」「PA」の表示があります。

 

SPF

 

主にB波を防ぐ効果を示しています。SPF1が20分の日焼け止め効果とされています。

 

PA

 

主にA波を防ぐ効果を示しています。PAは数字ではなく「+」の数で表します。数が多いほど、高い効果が期待できます。

 

 

海で使うなら、SPF50(50+)PA+++の日焼け止めが目安。

 

ウォータープルーフの物を選びましょう。耐水時間の表示があるものを選ぶことをおすすめします。しっかり耐水テストをしていない日焼け止めでは、水に流れてしまうかもしれません。

 

顔は、全体的にジェル・ミルクタイプ、クリームタイプの順で塗った後、おでこや鼻などにスティックタイプのものを重ね塗りします。さらにUVカットの効果があるフェイスパウダーを塗れば、さらに効果が高まります。メイクもよれにくくなります。

 

とはいえ、タオルや手で水を拭ったり、擦ったりすると、日焼け止めは取れていきます。いくらウォータープルーフとはいえ、放置は危険。こまめに塗り直すのが日焼け防止のコツです。2時間ごとに塗り直しましょう。絶対に日焼けはNGな人は、1時間ごとに塗り直すと良いです。

 

日焼け止めを塗り直すときは、あぶらとり紙やティッシュで浮き出た油をオフ。その後で日焼け止めクリームを塗り、パウダーを重ねて仕上げます。

 

目の日焼けや紫外線A波の対策としておすすめなのは、飲むタイプの日焼け止め。「ルテイン」「ニュートロックスサン」が入っている物を選びましょう。

 

曇りの日なら、飲むタイプの日焼け止めだけでも大丈夫。

 

飲むタイプの日焼け止めは、B波を防ぐ効果はなく、晴れている日は他のタイプの日焼け止めと併用しましょう。

 

日焼け止めを塗った後は、しっかりクレンジングしましょう。日焼け止めが肌に残ったままだと肌トラブルを起こす可能性があります。

 

海での日焼け止め対策は、絶対に欠かせません。日焼け止め対策を怠ると、赤くヒリヒリしたり、水ぶくれになったり、皮がむけたり、ひどいことになります。

 

せっかくの夏の思い出が台無しにならないように、日焼け対策はしっかりしましょう!

メニュー