海に行くときの服装はどうする?

 

海水浴に行くとき、どんな服装で行こうか悩みますよね。

 

早く海に入りたいけど、水着に着替える場所が狭かったり、なかったりすると、とても困ります。

 

服の下に、水着は着て行くべき?海から出た後は、何を着よう?など、意外と悩みます。海水浴に行くときの服装について、紹介します。

 

服の下に水着を着ていくべし

 

男性の着替えは楽。すぐに着替えらます。

 

服の下に水着を着ていけば、彼を待たせる心配はありません。時間短縮のため、水着は中に着ていきましょう。

 

行きの電車や車、更衣室、トイレでの着替えで汗をたくさんかくと、体がベタベタします。水着に着替えようにも、なかなか着替えられません。

 

そういった場面を考えても、あらかじめ服の下に水着は着ていった方が楽ちんです。

 

服装はどうする?

 

 

海水浴に行くとき、どのような服装を選ぶ女性が多いでしょうか。

 

ワンピースは、何かと便利。服の下に水着を着ていなくても、比較的ササッと着替えられます。ワンピースなら、帰りの着替えのときも楽です。サッと下着を身につけることができます。

 

海水浴にワンピースを選ぶなら「白のコットンワンピ」「マキシワンピ」がおすすめ。男性ウケもバッチリです。

 

Tシャツ&短パンの組み合わせなら、汚れを気にせず、そのままでも海に入っても問題ない格好です。

 

キレイで広い更衣室の海水浴場なら、オシャレな服でも気にせず安心して着替えることができます。しかし、狭かったり、汚れっぽかったり、更衣室自体がない海水浴場では、シンプルな服装が最も便利。

 

そのまま海に入るなら、着替えの服は必ず用意していきましょう。

 

日焼け対策のためのラッシュガードも持って行くと便利です。ポイントは、長袖のものを持って行くこと。できれば、フード付きが良いです。髪の紫外線対策にもなります。首の後ろの日焼けしやすい部分も守ってくれます。UPFがついているものを選びましょう。

 

さらに日焼けをしたくない人は、日傘や帽子も用意すると良いです。サングラスも目を紫外線から守ってくれます。夏の海は、太陽がギラギラときついので、サングラスがあると目が楽です。

 

また、欠かせないのがビーチサンダル。できれば、マリンシューズの方が安心です。砂浜はかなり暑いです。海の中は、貝や石があって危険。マリンシューズなら脱げにくく、効果絶大です。足をケガから守ってくれるほか、滑り止めの効果もあります。

 

帰りは、ビーチサンダル、マリンシューズではなく、別の履き物に変えましょう。そのままでは、車を砂で汚してしまいます。砂汚れを防ぐには、別の履き物に履き替えましょう。

 

夏っぽいミュールやサンダルを選ぶと、ビーチっぽさが出て海デートにはおすすめ。

 

履き物が2足になるのが嫌な人は、ビーチサンダル、マリンシューズの裏についた砂を払ってから車に乗りましょう。

 

せっかくの夏。オシャレに夏を思いっきり楽しむには、オシャレと機能性の両方がある服装を選んで海にいきましょう。

 

オシャレをして彼の心をキャッチしつつも、着替えで彼を待たせることなく、また、彼の車を砂で汚さないマナーの良さを見せることも大切です。

メニュー