海やプールでの貴重品の管理は?

 

プールや海に遊びに行ったとき、みんなで思いっきり楽しみたいですよね。

 

でも、貴重品の管理はどうしていますか?

 

遊んでいるうちに、財布やスマホがなくなっては大変です。そのまま泳ぎに行ったりするのは、非常に危険です。そのため、交代で荷物番をしているグループもあります。

 

そこで、貴重品の保管方法について、まとめてみました。

 

貴重品は、あまり持って行かないことが大前提

 

一番は、貴重品は持っていかないことです。しかし、持ち金ゼロというわけにはいきません。海やプールに行くには、電車やバスなどの交通費、施設の利用費、飲食代などがかかります。

 

でかける前に、貴重品を厳選して持って行きましょう。

 

クレジットカードやキャッシュカード、紙幣などを持って行くのは危険です。紛失すれば、最悪です。特に海に行くときは、小銭とカギ以外は持って行かないようにした方が安全です。

 

貴重品の保管場所

 

 

厳選した貴重品は、できるだけ安全な場所に保管しましょう。

 

ロッカーや海の家に預ける

 

コインロッカーがある場合は、積極的に利用しましょう。コインロッカーを利用する場合は、カギをなくさないように気をつけねばなりません。また、荷物を出し入れする毎に、利用料金が発生します。

 

海の家の一部でも、荷物の預かりサービスをしているところがあります。どれくらい安全なのかは、海の家ごとに違いますが、ビーチに放置しているより安全性が高いです。しかし、有料の場合が多いです。高いところだと、1,000円ほどかかったりします。

 

例えば、竹野浜海水浴場なら、浜茶屋の利用料として大人800円払えば、更衣室・水シャワー・空気入れを使わせてもらうことができ、貴重品も預かってもらえます。気になった人は、竹野浜海水浴場の公式サイトをチェックしてみて下さい!

 

最寄りの駅などにあるコインロッカーを利用するのも良いでしょう。

 

車の中に保管する

 

車の中も比較的安全性が高いです。車に入れておくときは、外から見えないように隠しておきましょう。車上荒らしに遭う可能性もあります。

 

できれば、監視員がいる駐車場や人通りが多い駐車場が良いですね。

 

体に身につける

 

カギを首からぶら下げて歩くのはおすすめしません。遊んでいるうちに紛失する可能性があります。

 

防水用ポーチがあると便利です。腰や腕に巻き付けるタイプのポーチを利用すれば、貴重品をまとめて持ち歩くことができます。

 

中には、缶ジュースやペットボトルそっくりの隠し金庫にお金を入れて保管する人もいます。砂に埋めておく強者も…。

 

しかし、隠しているところを人に見られたら、意味がありません。缶やペットボトルが風で飛んでいく可能性もあります。そうなれば、子供や犬が遊びで持って行ってしまうかもしれません。

 

そのようなものに保管するより、自分で持ち歩いた方が安全です。

 

防水用ケースには、防塵効果も必要です。忘れずにチェックしておきましょう。砂が中に入り込んで、スマホが故障するかもしれません。

 

ポーチやケースが丸見えになるのが心配な人は、上からTシャツなどを着ておくと、さりげない目隠しになります。日焼け対策にも良いですね。

 

また、水着によっては、ファスナー付きの内ポケットがあるものもあります。そのような水着なら安心ですね。

 

夏の良い思い出を作るため、貴重品の管理はしっかりしましょう!

メニュー