水着が似合うくびれを作る方法

 

夏が近づいてくると、気になってくるのがお腹まわり。

 

キュッと引き締まったくびれで、お気に入りの水着を着こなしたいですよね。1日3分でできるくびれダイエットで素敵なくびれを手に入れましょう!

 

理想的なくびれとヒップのサイズ

 

くびれを作る前に、理想的なウエストのサイズをチェック!

 

ウエストは、ヒップとのバランスが大切です。単に「細ければいい」というわけでありません。アメリカの心理学者デヴェンドラ・シン博士によると、ウエストとヒップの理想的なバランスは、「0.7」。この数値に近いほど、理想的なウエスト(くびれ)といえます。

 

WHR=ウェスト÷ヒップ=0.7

 

となれば、今すぐヒップのサイズを測ってみましょう。

 

いかがでしたか?理想のくびれを作るには、ウェストのサイズからヒップの割ったサイズが、0.7に近づくように頑張りましょう!

 

くびれダイエットをするメリット

①着るのを諦めていた服でも、素敵に着こなせる

 

ぽこっと目立つお腹。恥ずかしくて、ついチュニックなどを着て、お腹を隠していませんか?特に薄着になる季節は、服選びが難しいですよね。

 

どんな服でも着られるようになるには、ウェストのくびれが大切です。

 

体にフィットするパンツでもシンプルなTシャツでも、くびれさえあれば、格好良く着こなせます。ぺたんこなウエストなら、お肉がベルトの上でたわんでいる心配はありません。

 

②くびれがあるだけでスタイル抜群に見える

 

全体的に細く見えるには、「くびれ」がポイント。

 

同じウェストのサイズでも、くびれがあるだけで、不思議とスタイルがよく見えます。ウェストとヒップが揃っていると、「寸胴」に見えてしまいます。

 

また、くびれがあると、バストも豊かに見えます。バストが強調されるからです。くびれがある「ボン・キュン・ボン」のボディは、スタイル抜群に見えます。

 

③若々しく見える

 

くびれのある人は、腹筋をしっかり使えている人。姿勢が良いから、若々しく見えます。

 

反対に、くびれがない人は、腹筋をうまく使えていないことが多いです。背中が丸く、姿勢が悪い人が多いです。姿勢が悪いと、老けた印象になりがち。

 

若々しく見られるためにも、姿勢はとても大切ですね。くびれを作れば、自然と姿勢が良くなります。

 

くびれダイエット

 

 

①体の冷えは、くびれの大敵

 

くびれ作りに大切なのは、まず、体を冷やさないことです。

 

特に、夏の暑い季節は、要注意。冷房がガンガンに効いた部屋にいたり、アイスやそうめんなどの冷たいものを食べる機会が多く、体を冷やしがちです。

 

夏でも温かい飲食を心がけ、お風呂のときも湯船にしっかり入り、体を温めましょう。体は冷えると、むくんだり、セルライトができやすく、脂肪が溜まりやすいです。

 

②腹式呼吸

 

普段している呼吸。普段の呼吸を少し変えることでくびれダイエットをすることができます。

 

腹式呼吸では、お腹を膨らませたり、凹ませたりすると、お腹周りを鍛えることができます。手軽にくびれを引き締められる、うれしいエクササイズです。

 

単に腹式呼吸をするだけでなく、行きを長く吐くことがポイント。極限までお腹を凹ませましょう。息を最大限に吐くことで、息を吸うときもしっかり深くできるようになります。効果的に、普段使っていない筋肉を鍛えることができますよ。

 

息を吸ったときに、胸が膨らむのは胸式呼吸をしている証拠。腹式呼吸では、息を吸うと、お腹が膨らみます。腹式呼吸に、意識して改善してみてください。

 

③腰をひねる

 

くびれ作りには、腰をひねるエクササイズも効果的です。無理をしない程度に、テレビを見ながら小分けで行っても良いです。スピードの強弱をつけて行うのも良いですね。

 

さらに効果を高めるには、腰をひねるときに膝を曲げて、腰を少し落とした感じで行うことです。そうすると、体を腹筋で支える形になります。腹筋にかかる負荷が増え、ぽっこりお腹を解消できますよ。

 

1、背中をピンとして、正しい姿勢で立ちます。
2、ペットボトル500mlを両手で持ち、体に沿って下ろしておきます。
3、骨盤を固定したイメージで、上半身だけ後ろへ振り返ります。
4、元にゆっくり戻し、同じように反対側も行います。
5、左右10回繰り返します。

 

④くびれマッサージ

 

くびれを作るには、マッサージもおすすめですよ。マッサージでお腹のセルライトを撃退しましょう。毎日続ければ、少しずつお腹のセルライトを撃退できますよ。

 

頭の中で、理想のくびれのラインをイメージして、骨盤の上、背中からおへそに向かって、お腹周りのお肉を押し出すような感じでマッサージしてください。贅肉を集めて逃がすような感覚でマッサージしてください。

 

滑りが悪いときは、ボディークリームやオイルを塗ると良いです。マッサージがしやすくなりますよ。

 

くびれダイエットの成功のコツ

 

くびれを作るには、毎日少しずつでも続けることが大切です。すぐに止めてしまっては、意味がありません。テレビを見ながらでも良いので、継続して欲しいと思います。

 

すぐに結果を求めない

 

急にたくさん運動しても、効果はすぐに出ません。続けることが大切です。一気にやろうとせず、少しずつ、毎日続けていきましょう。

 

飽きやすい人は、日替わりでメニューを変えてみるのもおすすめです。変化をつけることで、楽しみながらできるようになりますよ。

 

無理をしない

 

くびれダイエットは、何かのついでにすると良いです。毎日「しよう」と思ってできるものではありません。テレビCMの合間など、するのが「楽」でないと続きません。

 

無理をせず、毎日続けることが大切です。

 

食事管理も大切

 

くびれ作りのためには、食べるものにも気をつけることが大切です。そもそも、食べ過ぎていなければ、お腹周りに脂肪がつくことはなく、自然とくびれができます。

 

いくら運動に励んでも、暴飲暴食の食生活では、効果は出るどころか、ウェストが太くなることもあります。運動をするのはもちろん、食事管理も大切です。

 

今年は、水着が似合うくびれスタイルを目指そう

 

ウェストは、他の部分よりも絞りやすく、見た目からしてもわかりやすいです。

 

今から頑張って、夏に間に合わせましょう!女性らしい素敵なくびれのあるウェストなら、どんな水着も似合います。海で思いっきりはしゃげること間違いなし!

 

また、くびれダイエットは、全身のダイエットの効果もあります。ぽこっと出たお腹がへっこみ、正しい位置に内臓が戻ることで、胃腸が働きやすくなり、代謝が上がります。

 

何かのついでに、短時間にパッと運動できることも、くびれダイエットの素晴らしいところ。

 

今までダイエットを失敗し続けた人も、くびれダイエットなら成功しやすいと思います。ウエストのくびれを作り、お気に入りの水着で夏を満喫しましょう!

メニュー