海やプールでもOK!崩れないメイクを伝授

 

夏といえば、海!プール!

 

海やプールは夏の定番レジャースポットです。デートはもちろん、思いがけない出会いがあることも。メイクにも気が抜けません。

 

ですが、海やプールのメイクは、普段のメイクとは違った工夫が必要。水と汗は、化粧崩れの大敵です。落ちないメイクで、化粧崩れを防ぎましょう。

 

メイクNGなスポットとは

 

公共のプールは、メイクは禁止になっているところがほとんどです。

 

レジャーやデートで公共のプールに行くことは希。しかし、水泳部出身の彼なら、思いっきり泳ぎたいと考えているかもしれません。

 

その場合は、四の五の言わず、すっぴんで行くほかありません。

 

例えば、東京都の立川市泉市民体育館の公式HPをみると、屋内プールについて「化粧、整髪料、サンオイル等は、あらかじめ落としてから入水してください」と明記されています。

 

公共のプールでメイクがNGなのは、メイクが水質低下の原因になるから。メイクの汚れで視界が悪くなった水中を本気で泳ぐことはできません。

 

そのため、メイクNGなプールがほとんどです。みんなが気持ちよく利用できるよう、マナーは守りましょう。

 

レジャー施設はメイクOK

 

浮き輪OK、流れるプール付き、ウォータースライダーの設備ありの「遊び」がメインのレジャー施設のプールは、メイクOKです。

 

友達や彼から誘われるとすれば、圧倒的にレジャー施設のプールでしょう。レジャー的な要素が強く、思いっきりはしゃげます♪

 

レジャー施設のプールでは、みんな、可愛い水着、オシャレな水着を着ています。競泳用の水着の人はいません。顔だけすっぴんでは、変ですよね。

 

メイクには工夫が必要

 

 

海やプールに行くなら、ウォータープルーフを使えば安心!…ではありません。ウォータープルーフが強いのは、雨や汗。プールで思いっきり水を掛け合うことは、想定していません。

 

ドロドロに崩れたメイクは悲惨です。

 

ベースメイクの前には保湿を

 

ベースメイクをするときは、しっかり保湿してからにしてください。そして、ベースメイクをした後は、余分な油分をティッシュオフ!ファンデをしっかり肌に密着させましょう。

 

また、メイク崩れを防ぐには、油分が少ないコンシーラーが良いです。ファンデは薄めにして、気になる部分にはコンシーラーを塗りましょう。

 

目元メイクはウォータープルーフがマスト

 

アイメイクで目元が汚くなるのを防ぐには、ウォータープルーフのアイライナーとマスカラが欠かせません。

 

真夏の海やプールのメイクは、ビビットな雰囲気のものが良く映えます。ブルー系や華やかなグリーン系がおすすめ。普段使いのメイクより鮮やかな色を選びましょう。

 

水着に色を合わせてもいいですね。ツヤっぽいアイシャドウなら、色っぽさもプラスしてくれます。

 

メイク崩れが心配な人は、つけまつげの選択肢もあります。つけまつげも、水や汗に強いタイプの物を選びましょう。

 

一番安全なのは、まつげのエクステです。

 

消えない眉毛

 

水で眉毛が消えるのは、イヤですよね。

 

もともと眉毛が薄く、普段からしっかり眉毛メイクをしている人は、特に気をつけましょう。

 

眉毛が消えてしまうと、かなり顔の印象が変わります。眉毛のない顔は、かなり怖い感じになってしまうので、消えないように対策をバッチリにしておきましょう。

 

必ず、ウォータープルーフを使ってください。

 

日焼け止め

 

日焼けをしないよう、紫外線対策は万全にしておきましょう。ウォータープルーフのSPF50・PA+++くらいの日焼け止めを全身にムラなく塗りましょう。

メニュー