水着を着る前のムダ毛のお手入れ方法

 

暑い夏に近づくにつれ、薄着や水着を着る機会が増えます。そこで気になるのは、「ムダ毛」。ワキ、腕、背中、ビキニラン、脚など、全身をツルツルにしておく必要があります。ムダ毛がボーボーな体では、せっかくの水着も台無しです。

 

ムダ毛を処理して、自信を持って彼氏に水着姿を見てもらいましょう!

 

男性は「全身」をチェックしている

 

女性でムダ毛の処理をしているのは、ワキや腕、脚、鼻下が多いです。しかし、男性は、背中やうなじ、腰周りまで、女性が自分では見えない部分もしっかりチェックしています。

 

特に水着は、ほぼ全身の体毛が見えます。

 

男性6人に対して1人は、女性のムダ毛にショックを受けた経験があるそうです。女性は、自分では見えない体の後ろ側のムダ毛も必ずチェックしましょう。

 

例えば、水着を着てみて、肌が露出する部分のムダ毛は全て処理しておきましょう。ビキニを着るなら、お腹や胸元のムダ毛も必ずチェックしましょう。

 

普段お手入れをしていない部分、ムダ毛を気にしていない部分も全て、キレイにしておきましょう。

 

ムダ毛をお手入れする方法

 

 

ムダ毛の処理で肌を傷めないため、肌への負担が少ない方法を紹介します。

 

カミソリ

 

カミソリなら、ムダ毛の処理を最も手っ取り早くすることができます。そのため、カミソリを使ってムダ毛を処理している人は多く、腕や脚、ワキのお手入れはしやすいでしょう。

 

問題なのが「背中」です。自分では見にくく、手が届きにくいため、ムダ毛のお手入れがしにくいです。

 

カミソリで背中を剃るには、以下の方法で行いましょう。

 

①背中全体にシェービングクリームを塗る
②合わせ鏡にして背中をチェックしながら剃る
③剃った後、保湿ケアをする

 

カミソリは、2~3回ごとに波を交換するのがおすすめです。また、使い終わったら、洗って乾燥させておきましょう。

 

カミソリではなく、シェーバーを使う方法もあります。シェーバーは、直接肌に波が当たらないため、やさしくムダ毛を処理することができます。

 

除毛クリーム

 

除毛クリームを使えば、剃り残しなくキレイに仕上げることができます。

 

しかし、除毛クリームは、人によって肌にトラブルを起こすことがあります。肌が荒れたり、かぶれたり、赤みがでたりします。

 

除毛クリームを使うときは、パッチテストを必ず行いましょう。また、あまりに安い除毛クリームは使わないようにしましょう。

 

除毛クリームを使用した後、即、洗い流すのは止めた方が良いです。毛がまだ残っているかもしれません。一部をティッシュで拭き取って、毛の状態を確認しましょう。

 

また、お手入れの後は、しっかり保湿ケアを行います。

 

除毛タオル

 

手が届きにくい背中には、除毛タオルを使う方法もあります。即、毛がなくなるわけではありませんが、毎日繰り返し使い続けることで、少しずつムダ毛を処理することができます。

 

体を洗うタオルを除毛タオルに変えるだけなので、ラクですね!

 

除毛タオルの効果があるのは、産毛まで。剛毛の場合、あまり効果を実感できない可能性があります。

 

抑毛ローション

 

抑毛ローションは、効果が出るまで時間がかかりますが、ムダ毛が目立たない程度の自然な仕上がりにすることができます。

 

大豆に含まれるイソフラボンの力で毛を薄く細く目立たなくしていきます。天然素材のものなので、肌にとてもやさしいです。

 

自分では手が届きにくい背中を含め、全身の毛をお手入れすることができます。

 

家庭用光脱毛器

 

家庭用脱毛器は、熱の力で毛を脱毛していきます。お手入れの後、冷却ケアするなど、肌の負担を減らすお手入れが欠かせません。

 

家庭用脱毛器は、自分で脱毛する機械です。繰り返し同じところに脱毛の光を当てたり、逆に光の当て方にムラができる可能性があります。

 

効果の持続の面では、他の自己処理の方法より良いですが、お手入れにかなり面倒です。

 

どんなお手入れの方法にしても、まず、お手入れは肌を清潔な状態にしてから行いましょう。そして、スキンケアをしっかりと行いましょう。お手入れの後の肌は、乾燥しやすいです。また、お手入れをした後の肌はデリケートです。直射日光に当てるのは避けましょう。

 

脱毛に行く方法もあります

 

 

「うまくムダ毛のお手入れができない」「面倒くさい」といった場合、脱毛に行ってムダ毛を処理する方法もあります。

 

脱毛に行けば、半永久的にムダ毛の自己処理はしなくて良くなります。自己処理で肌が荒れたり、毛穴がブツブツしたり、黒ずんだ肌になるなどのトラブルも起こらなくなります。

 

全身の毛を処理してしまえば、すごく楽ちん。脱毛に行くのは、2~3ヶ月に1回の頻度。2~3年で完了です。

 

医療機関で脱毛すれば、その半分程度の期間で脱毛できます。ただし、かかる費用は、脱毛サロンの約2倍。

 

脱毛サロンでゆっくり安い料金で脱毛していくか、高い料金を払って短期集中で医療機関で脱毛していくか、好きな方を選ぶと良いでしょう。

 

いずれにしても、即、毛をなくすことはできません。海やプールに行くまで、あと数日しかない場合は、上述のムダ毛の自己処理の方法でお手入れしましょう。脱毛は、計画性をもって通いましょう。

 

脱毛に通っている最中は、日焼けはNGです。しっかり日焼け止めを塗りましょう。できれば、屋外では日傘や羽織ものを積極的に利用しましょう。

 

海・プールへは、脱毛に行った後、十分な間隔を空けて行きましょう。私は、ラ・ヴォーグで脱毛してます!

 

このように、水着になるときは、普段お手入れをしていないムダ毛もしっかり処理して、彼氏に幻滅されないようにしましょう。自分に合った方法でムダ毛の処理を行い、お気に入りの水着を身につけて、彼氏と楽しい夏の思い出を作りましょう!

メニュー