海やプールに行く日に生理になった場合の対処法

 

海やプールに行く予定があるのに、生理になってしまったらガッカリですよね。そんなとき、どうしたらいいのでしょうか?

 

生理になる日をコントロールするのはできません。友達や彼にだって、予定があります。生理になったからといって、簡単にキャンセルできません。

 

海やプールの前日に生理がきてしまったら、最悪です。一体、どうすれば良いでしょうか。

 

生理中に海やプールに入るとどうなる?

 

海やプールでは、ナプキンは使えません。ナプキンを当てて水着になるのもどうかと思いますし、衛生面でも心配です。

 

子宮の膜がはがれることで、生理は起こります。数日間、続きます。生理のときは、衛生的にしていなければなりません。

 

海やプールに入っていて、膣の中に水が入ることは、通常あまりありません。水中には水圧があります。しかし、海やプールはいろんな人が入る場所。生理中、海やプールに入るのは心配です。

 

困った事態が起きやすいのは、海やプールから上がったときです。経血が溢れたり、水滴に赤い血が混ざったりする可能性があります。水圧がかからなくなるため、血が出てきやすいです。

 

また、生理中に海やプールに入ると、体が冷えて、生理痛がひどくなるかもしれません。頭痛がしたり、吐き気がするかもしれません。

 

急に生理になってしまったとき、タンポンを使う方法もあります。始めて使うときは怖いかもしれませんが、使い慣れてくると、案外、楽ちんです。

 

どうしても予定がずらせないなら、タンポンを使おう

 

生理中は、できれば、海やプールは避けた方が良いです。体を最優先で考えれば、ゆったり過ごす事です。しかし、どうしても予定をキャンセルできないときもあります。

 

その場合、タンポンを使う方法があります。タンポンは、膣の中に入れて使います。経血を吸収してくれます。プールで仕事をしているインストラクターや水泳選手は、タンポンを使っています。

 

普段はナプキンを使っていても、海・プールのときはタンポンを使いましょう。

 

タンポンを初めて使う人は、とても怖く感じるかもしれません。生理の終わりかけなら、出血は微量。何も使わなくても、周囲には気づかれないかもしれません。

 

しかし、周りの人からすれば、迷惑です。特に小さい子供のことも考えてあげましょう。

 

タンポンは、膣の奥の方まで入れて使います。入れ方が浅いと、変な感じがしたり、経血が漏れてきたりする可能性があり、心配で海やプールを満喫できないかもしれません。

 

慣れないうちは、「アプリケータータイプ」のタンポンを使いましょう。指で挿入するタイプより使いやすいです。

 

アプリケータータイプのタンポンは、経血を吸収する部分が筒に入っていて、筒ごと膣に入れ、注射器のように筒から経血を吸収する部分を押し出します。そうすることで、正しい位置にタンポンをセットすることができます。

 

タンポンは、生理の量に合わせて使いましょう。ナプキンと同様に「多い日用」「少ない日用」があります。

 

海やプールから出たら、なるべく早く新しいタンポンに取り替えましょう。タンポンは、4~8時間が交換の目安です。

 

タンポンはコンパクトなので、持ち運びに便利!ナプキンのように、使っていて蒸れたりしません。

 

プールや海の後、温泉に行くことになっても大丈夫。経血をしっかり吸収してくれます。タンポンに付いている紐は、出ていると恥ずかしいので、膣の中にしまっておきましょう。

 

使い慣れれば、普段、ナプキンの代わりに使っても良いかもしれません。ナプキンのように漏れたりしないので、なかなかトイレに行けないときや、夜眠っているときも安心です。

 

タンポンを使うときの注意点

 

タンポンは、必ず使用時間を守り、着脱のときは必ず手を石鹸で綺麗に洗ってからしましょう。また、できるだけナプキンと交代で使いましょう。

 

正しい方法でタンポンを使わないと、トキシックショック症候群(TSS)が起こる可能性があります。

 

TSSは、タンポンを使っている人がなりやすいです、黄色ブドウ球菌が原因で起こる敗血症のひとつ。黄色ブドウ球菌は、普段から皮膚や鼻の穴の中、膣の中にいる菌で、そんなに害があるものではありません。しかし、TSSの引き金になることがあります。

 

TSSが起こると、すぐに高熱、発疹、嘔吐、下痢、倦怠感などの症状が起こります。TSSはタンポン使用者に限らず起こるものですが、衛生的なタンポンの使い方をしないと、起こる可能性があります。

 

タンポンは正しく使いましょう。

 

生理中に海に入ると、サメが来る?

 

 

テレビを見ていると、サメは血に寄ってきます。もし、海に入っているときに生理になって出血してしまった場合、サメが寄ってくるでしょうか?

 

2017年、茨城の海水浴場に突如サメ30匹が現われ、世間を驚かせたことがありましたね(詳細は、朝日新聞DIGITALをチェック!)

 

まず、サメは近くにいなければ、寄ってきません。また、微量の出血では、サメは気がつきません。サメは海にいるものなので、100%安全ではありませんが、生理になったからといって、すぐに危険が迫るわけではありません。

 

ただ、他の人の経血が混ざった海に浸かっている人の気持ちも考えましょう。生理になる可能性があるなら、予定はキャンセルした方が良いです。

 

自分だけでなく、友達や彼氏、周りの人たちのことも考えましょう。

メニュー