体型別の水着の選び方

 

水着の季節は、すぐそこ。

 

「このお腹、太もも、二の腕は出すべきか…」と、テレビの新作水着の特集を見て、ため息をつく人も多いはず(笑)「夏までにダイエットしようと思っていたのに、間に合わない…」なんて、夏のあるある悩みですよね。

 

水着は、体のラインや肌の色、肌質などがバレやすいです…。しかし、うまく水着を選べば、体の気になる部分をカバーすることができます。

 

逆に、水着選びを間違えると、隠したい欠点を強調してしまうことにもなりかねません。

 

そこで今回は、体型別の水着の選び方のポイントを紹介していきたいと思います。

 

貧乳な人

 

胸が小さめの人には、バンドゥビキニがおすすめです。バンドゥビキニは、チューブトップのブラが特徴で、フレアやフリル付のものもあります。小さな胸を形良く、ふわっと自然にボリュームアップできます。リボンが付いたものも相性が良いです。

 

また、膨張色であるパステルカラーややさしい暖色系の色の水着を選ぶと、胸をさらに大きく見せることができます。

 

胸が小さめの人のおすすめでないのは、三角ビキニやホルタービキニです。これらの水着が似合うのは、巨乳の人。また、周囲の人の視線を集めるネオンカラーや派手な花柄の水着も控えた方が無難です。

 

巨乳の人

 

バストが大きい人は、ホルターネックタイプの水着がおすすめ。ホルターネックは、他の水着よりしっかりバストを包みます。そのため、バストが大きくても水着からはみ出したり、水着が外れたりする心配がありません。

 

また、首から胸元にかけてのV字ラインには、胸の谷間をキレイに見せる効果があります。

 

胸を目立たせたくない人は、ブラックや紺といった引き締め効果のある水着がオススメです。胸を目立たせたい人は、ホワイトやイエローなどがオススメ。これらは、膨張色であり、よりバストを強調する効果があります。

 

膨張色を選ぶときは、必ず試着しましょう。似合わない色や柄を選ぶと、太って見えることがあります。

 

胸が大きい人にオススメでないのは、スポーツタイプのピッタリした水着です。胸のラインがハッキリわかってしまうため、着こなしは難しいでしょう。また、ふわっとした雰囲気が可愛いバンドゥビキニは、せっかくのバストを目立たなく隠してしまったり、ホールド力が弱く、水着から胸がはみ出たりする危険があるので、避けた方が良いです。

 

ぽっこりお腹が気になる人

 

日本人に最も多い全体的に丸い体型でぽっこりお腹が出ている人にオススメなのは、タンキニタイプやワンピースの水着です。水着が気になるお腹を隠してくれます。可愛いデザインが多いのも特徴です。

 

帝王切開のキズが気になる人、年齢的にビキニを着るのはちょっとという人にもオススメです。

 

しかし、体にフィットするデザインではかえってお腹が目立ちます。ふわっとしたデザインになっている水着がベストです。

 

また、ウエストのサイドが空いているデザインの水着を選べば、美しいくびれの錯覚効果がありますよ。

 

ぽっこりお腹が気になる人が注意したいのは、ハイウエストタイプの水着です。ハイウエストタイプの水着は、お腹を覆ってくれるのですが、かえってお腹を目立たせてしまうデザインもあります。

 

ハイウエストタイプの水着を選ぶときは、必ず試着して確認しましょう。

 

太もも、お尻が気になる人

 

太もも、お尻が気になる人にオススメなのは、ショートパンツの水着やスカートがセットになった水着です。パレオを巻くのもオススメです。

 

太ももやお尻が太い人は、ビキニを履いても食い込みがち。パンツやスカート、パレオで覆ってしまえば、目立ちません。

 

特にオススメは、パレオ。気になる部分をキレイに隠せる便利なアイテムです。寒色系であるブルーなどのパレオなら着やせ効果もあります。脚のラインが斜めにちらりと見えるように巻けば、脚をキレイに見えることができます。

 

さらに、バストを強調するデザインの水着を選べば、胸に視線を集めることができ、気になる下半身を目立たなくすることができます。

 

スカートの水着を選ぶときは、目立たないシンプルなデザインを選びましょう。色や柄、フリル付の水着では、お尻や太ももに視線を集めてしまいます。

 

思い切って、シンプルなビキニパンツや紐ビキニなどを選ぶのも方法のひとつ。その方が魅力的に見せられる場合もあります。

 

むっちり二の腕が気になる人

 

二の腕の太さが気になる人は、オフショルダーの水着がオススメです。ふわっとした可愛いフリルが肩から腕の太さをカバーしてくれますよ。

 

この夏。ぜひ、自分に合った水着で夏を楽しんでください。

メニュー